ネット銀行の口座開設をするだけで現金が手に入る安全なおすすめの方法

投稿者: | 2018年4月20日

10 ネット銀行の口座開設をしよう

振込み用の銀行口座を作る

ポイントサイトのポイントを現金に変える際、せっかくなので専用の銀行口座があるとわかりやすいですね。

銀行口座を作って、ポイントをもらって、そのポイントを現金化して作った銀行口座に入れるというのはいかがでしょうか。

 

銀行口座を検索する

ここではハピタスでの手順を説明します。
(Gポイント、ポイントタウンでも手順は同じです。)

まずは検索窓に「銀行 口座開設」と入力してみましょう。

b01

作りたい銀行口座を選ぶ

b02

口座開設でポイントがもらえる銀行の一覧が出てきます。

この例ですと「じぶん銀行」はもらえるポイントが多いですね。

更にこの記事を書いている期間は、条件達成で4000ポイントが追加でもらえるようですが、今回の場合は外貨預金です。

翌月末外貨預金残高が20000円以上でもらえますので、このくらいの条件ならやってもいいかもしれませんね。

4000円以上の損を出さなければいいわけですから。

(1$=120円で24000円(200$)預け、1$=100円で20000円(200$)引き出して4000円の損になります。手数料を考慮すると、実際は18円程度の円高になるでしょう。)

b03

追加でポイントがもらえても、条件が悪いときはやめておきましょう。

 

他サイトでも検索

ハピタスでの検索例を紹介しましたが、同じように「Gポイント」と「ポイントタウン」でも検索してみましょう。

一番ポイントが高いところや、同じポイントでもメインで使いたいサイトで申し込みをする方がいいですよ。

また「ハピタス」にないものが「ポイントタウン」にある、ということもあります。

例えばSBIネット銀行ですが、ポイントタウンでは「口座開設+デビットカード発行」で5000円相当がもらえます。

※2018年4月現在

b04

デビットカードはキャッシュカード一体型ですし、持っていても不便なことなど何もありません。

むしろクレジットカードのように使えるので便利です。

使わなくてもいいわけですから、どうせ口座開設するならこちらの方がいいですね。

このようなこともありますから、是非比較はしてくださいね。

 

銀行口座を活用

銀行口座を作って、クレジットカードの引落とし先に設定して家計管理をする方法があります。

例えば、食費などはスーパーなどでお得になるカードで決済し、食費用の銀行口座から落ちるようにします。

使った費用は家計簿アプリなどで管理します。

月の食費予算を決めて、その金額を入金しておけば、家計簿アプリで残高を確認すればカードでの買い物も残高不足に悩みません。

他にも保険料用などに分けたりしておくのも良いと思います。

ネット系の銀行は、振り込み手数料が何回か無料になったり、住宅ローン金利が安かったり、いろいろと便利です。

口座開設にお金はかかりませんから、是非活用することをお勧めします。

 

setumeisyo