おこづかい稼ぎの簡単で安全な方法を実際に試してみましょう!

投稿者: | 2018年4月14日

5 高額ポイントの探し方

高額ポイントを狙う

ポイントサイトを利用して稼ぐためには、買い物や商品モニターだけではなかなか大きくは貯まりません。

そこで狙うのが高額ポイント案件です。

主に

  • クレジットカード契約+使用
  • FX口座開設+取引
  • 不動産投資の面談完了

の案件でポイントが高くなっています。

この中で特に簡単なのが「クレジットカード」の案件になってきます。

FXについては口座開設だけが条件ならいいのですが、取引が条件となっています。

その分ハードルが高くなりますね。

このFXの「取引」については安全な方法を別の記事で紹介していますのでご参考にされてください。

不動産投資は実際に興味があり、話を聞いてみようと思う場合はいいかもしれません。

資料請求で受け取れるところもあるようです。

 

高額ポイント案件の探し方

では実際にクレジットカードの高額ポイント案件を探してみましょう。

3つのサイト、それぞれで解説しますね。

 

ハピタスでの探し方

画面上の「サービスでためる」をクリックすると、以下のような画面になります。

try01

ここで「クレジットカード」をクリックします。

クレジットカードの新規申込案件一覧が以下のように表示されます。

try02

 

「詳細を確認する」をクリックすると以下のようになります。

「ポイントを貯める」をクリックして申し込みをし、条件を満たせば後日ポイントが貯まります。

try03

楽天カードの場合は発行するだけで8500ポイントのハピタスポイントが手に入り、
更に通常の楽天カードのキャンペーンポイントも手に入れることが可能
です。
(2018年4月現在)

 

どうせポイントを貯めるなら、獲得ポイントの高いものを選びたいですよね。

そこで次のように、獲得できるポイントが高い順に並べてみます。

並び順から「獲得ポイントの多い順」を選択します。

try04

するとこのように、獲得ポイントが多い順に並びます。

この例ですと「セディナカードJiyu!da!」はこの時点では10000ポイントもゲットできますね。

年会費も無料のようです。

カード発行後に5000円以上の買い物が必要のようですが、そのくらいなら普段の買い物で使いますね。

 

Gポイントでの探し方

画面上の「クレジットカード」をクリックします。

try05

画面が切り替わったら「カード一覧」をクリックします。

try06

クレジットカードの新規申込案件一覧が以下のように表示されます。

try07

「カードお申込みはこちら」をクリックして申し込みをし、条件を満たせば後日ポイントが貯まります。

try08

どうせポイントを貯めるなら、獲得ポイントの高いものを選びたいですよね。

そこで次のように、獲得できるポイントが高い順に並べてみます。

並び替えから「Gポイントバック順」を選択します。

try09

 

するとこのように、獲得ポイントが多い順に並びます。

try10

この例ですと「楽天カード」は8200ポイントもゲットできますね。

年会費も無料のようです。

カード発行後に買い物をすれば、Gポイントとは別に、楽天ポイントも5000ポイント貯まるようです。
(2018年4月現在)

 

ポイントタウンでの探し方

画面上の「サービスでためる」をクリックします。

try11

 

画面が切り替わったら「カード発行」をクリックします。

try12

 

クレジットカードの新規申込案件一覧が以下のように表示されます。

try13

 

「カードの案内画像」をクリックしたら下の画面になります。

「ポイントを貯める」をクリックして申し込みをし、条件を満たせば後日ポイントが貯まります。

try14

 

どうせポイントを貯めるなら、獲得ポイントの高いものを選びたいですよね。

そこで次のように、獲得できるポイントが高い順に並べてみます。

「獲得ポイント数の多い順順」を選択クリックします。

するとこのように、獲得ポイントが多い順に並びます。

try15

この例ですと「三井住友VISAカード」はこの時点では200,000ポイント(1万円相当)もゲットできます。

カード発行後に5000円以上の買い物が必要のようです。

 

3つのサイトで比較する

ポイントを比較する

3つのサイトに登録していますので、どのサイトで作るのが一番お得なのかを検索します。

例えば楽天カードを検索してみましょう。

 

ハピタスの場合

トップ画面の検索ボックスに「楽天カード」と入れます。

try16

 

検索をクリックすると結果が出ます。

try17

 

Gポイントの場合

クレジットカードをクリックします。

try18

 

検索ボックスが左に出てきますので、「楽天カード」と入れます。

try19

 

該当した3件をみるをクリックすると結果が出ます。

try20

 

ポイントタウンの場合

サービス・ショップ名に「楽天カード」と入力します。

try21

 

検索ボタンをクリックすると結果が出ます。

try22

そうすると今回の結果は

ハピタス:9500ポイント ← 9500円

Gポイント:8200ポイント ← 8200円

ポイントタウン:160000ポイント ← 8000円

となりますので、ハピタスで申し込むのが一番得という結果になります。

このように少し面倒かもしれませんが、ポイントを比較しながら申込みをした方がいいです。

 

別のカードでも見てみましょう。

nanacoポイントが貯まる、セブンカード・プラスです。

 

ハピタスの場合

try23

 

Gポイントの場合

try24

 

ポイントタウンの場合

try25

そうすると結果は

ハピタス:6350ポイント ← 6350円

Gポイント:5000ポイント ← 5000円

ポイントタウン:75000ポイント ← 3750円

となりますので、ハピタスで申し込むのが一番得という結果になります。

 

申し込む日によってもらえるポイントが変わる

実はこのもらえるポイントが、申し込みをするタイミングによって変わってきます。

ある時は10000ポイントだったのに、ある時は3000ポイントに落ちている、なんてこともあります。

ポイントの高い時期を狙っていきたいですね。

本当に数日違うだけでもポイントが増えたり減ったりします。

 

今回のハピタスの例にしても、1週間も経っていないのにポイントが高くなっています。

4月第2週は8500ポイントで、楽天側の入会+利用ポイントも5000ポイントでした。

try26

 

ところが4月第3週は500ポイントで、楽天側の入会+利用ポイントも7000ポイントでした。

try27

クレジットカードは一気に何枚も申込みすることはできませんので、
狙っているものはチェックしておきましょう。

獲得の条件もカードを作るだけでなく、その後5000円の使用などの条件が必要なところもあります。
ポイントの獲得条件はしっかりチェックしましょう。

 

setumeisyo